--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.1718:57

椿山課長の七日間

浅田次郎. 椿山課長の七日間. 朝日文庫. 2005, 405.

話は面白い。しかしよくよく考えるとかなりラノベ。
元ハゲデブ中年主人公は美女化してベッドの上で痴態を繰り広げるし、元小2の男の子は女の子になって同い年の男の子と懇ろになるというTS要素たっぷりの作品。
しかも黄泉帰りをはじめ荒唐無稽なラノベ的ギミック満載。小学2年生は紙面だとひらがなだらけで読みにくい癖にその実、子供ではありえない思考回路をしていたり…その他いろいろ
これ表紙と挿絵を変えて電撃文庫だかそのへんから出せば十分売れるんじゃないの?とも思う

あと、この作品の裏の主人公は椿山課長の父だと思う。
仕事を定年になり、息子夫婦と暮らすことになった彼のその後は本作のなかでも特に面白い部分である。
これの本質は、人生を折り返した人間の退職後、老後、死のようなテーマが集まっていていかにも団塊世代のために書かれたかのような本であると思う。
でも自分はどちらかというともっと若い世代、欲を言えば小学2年生くらいで読んでおくといいと思います。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

せれね

Author:せれね
XBOX360は飽きてきた一介の学生。図書館・情報学、ゲーム、カヌー?などが興味の対象。いまはPSO2廃人してます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
本文検索
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。